任意後見契約公正証書作成の必要書類

 任意後見契約公正証書作成の必要書類

1.委任者本人の身分証明として(a、bどちらか)、

a  印鑑登録証明書(発行後3箇月以内のもの)と 実印

b  自動車運転免許証、旅券(パスポート)、個人番号カード、住民基本台帳カード、身体障害者手帳、在留カード(外国人登録証明書)、特別永住者証明書など官公署発行の写真入り証明書(いずれかひとつ、有効期間内のもの)と 認印

 

2.委任者の戸籍謄本または抄本(発行後3箇月以内のもの)

 

3.委任者の住民票(発行後3箇月以内のもの)

 

4.住民票と現住所が異なる場合は、その現住所を書いたメモ

 (併記する必要があるため)

 

5.受任者(後見人になる人)の身分証明として(a、bどちらか)、 

a  印鑑登録証明書(発行後3箇月以内のもの)と 実印 

b  自動車運転免許証、旅券(パスポート)、住民基本台帳カード、身体障害者手帳、在留カード(外国人登録証明書)、特別永住者証明書など官公署発行の写真入り証明書(いずれかひとつ、有効期間内のもの)と 認印

 

6.受任者の住民票(発行後3箇月以内のもの)

 

7.委任者及び受任者の職業を書いたメモ

 

 

なお、受任者が法人の場合は、上記5,6の代わりに法人の印鑑証明書、登記簿謄本等(いずれも発行後3箇月以内のもの)が必要になります(下表ⅣⅤ参照)。

 

基本の必要書類

 表をクリックすると拡大します。

任意後見契約
任意後見契約公正証書の作成手順
任意後見契約公正証書作成手数料
任意後見にまつわるQ&A